2011年1月29日土曜日

なかなか

上手くいかないもので
例の900スパンの機体も、とうとう主翼が3枚、水平が2枚、垂直が3枚
作り直さなかったのは胴体だけ、これってモシカシテうまくいかない
原因は胴体じゃないのナンテ疑心暗鬼状態
たしかに、わずかに旋回側に振れているように見えますが
大型機なのに、こんなに敏感に反応するものなのか
いえ、決して飛ばないわけじゃないんですけどね
ただ、2枚とも主翼にメスを入れなければならなっかたのがナントモ痛い

と、まあ愚痴はこの辺で

今日はその3枚目の主翼を持って松伏へ
今度は、絶対上昇で立ち上がらないように、ちょっと小細工を
それは、主翼を中心線に対して、ほんの僅か左に曲げるという禁じ手を
結果は
御想像のとおり今度は左に倒れたがるという本当に分かりやすい症状が
本当にもうナンテコッタイ

なかなか上手くいかないもので

で、明日はその対策を打った機体でもう一度チャレンジ
風が強かったら飛不動さんに行って御札をもらってこようか

動画はイメージです (ONYACANさんと愛機ハマーン900)

0 件のコメント:

コメントを投稿