2011年1月15日土曜日

K氏の街

赤羽ツアーの下見を兼ねてチョイと、ぶらついてみました
あくまで下見なので店には入りませんでした
そういえば以前良く飲みに行ってたなぁ(遠い目で…)

駅南口から最初は、いこい 現在改装中で、この店は仮店舗とのこと
システムは立ち飲みCOD(代金引換払い)旧店舗時代は受け取った
お釣りをカウンターに置いておくと次の注文からお店の方がソコから
代引してくれましたが今はどうなってるのでしょうか


ココが元あった所まだ工事は始まってない模様


次は赤羽でもディープな所に何故かポツンとある喜多屋
以前は、中華系の可愛いバイトが居たけど、今回は未確認
現いこい からごく近い位置にあるのですがこの写真に映っている
とおり周りの看板が超ファンキー 何故か、知らない人がやたら
目配せ或いは小声で話しかけますが喜多屋に行くときは毅然として
喜多屋の看板を指差しましょう、そうでない時はそれなりに・・・・


次は丸健水産 おでん種が充実しています、チャリンコスルー営業中
ここは、いい感じにエージングが進んだアーケード街の端っこにあります
赤羽の地酒にして23区内唯一の酒蔵小山酒造の丸眞正宗
手前のテーブルで飲れます


この1番街のゲートからF1Aの曳航索と同じ50M程で


ご存知!まるます家 
いずれの店も千ベロ(個人差があります)と言われている店ばかりです
赤羽駅南口東口から数分以内のところにあります



より大きな地図で K氏の街 を表示

2 件のコメント:

  1. 寒い中、ツアーの下見お疲れ様でした。
    今の時期は、丸健水産のおでんと丸眞正宗が良さそう。

    フムフム、ナルホド! 喜多屋は、夜のオネーさんが話しかけて来るアノ通りの奥か。
    最近読んだ『東京裏路地食紀行』よると「赤羽のワイルドな一面は戦後闇市の歴史が影響している」とか。

    返信削除
  2. 丸健水産オススメデス
    なんといってもおよそ3.40年はたっているのではと思わせる
    薄暗いアーケード街程よい間隔で在るシャッター店舗
    微妙に蛇行している先の出口付近にヒトキワ明るい丸健水産
    ネタは豊富です牛すじとハンペンは注文を受けてから
    私はジャガイモがあるのが嬉しい

    行くときは安楽亭とE何とかというカフェの間の路地を行くと
    この戦後闇市のマーケットのような雰囲気を楽しめます

    返信削除