2011年2月28日月曜日

投影とか

先日、載せたものに上反角をつけてみました
投影にしたら、あら不思議なにやらハマーン風味が出てきました、
まあそこは練習場が同じっていうことでゴニョゴニョ
翼端は絞り込みを少なく、やや斜めに収める感じにしたので
翼面積が多少なりとも増えるかと期待もしたのですが、ほとんど変わらず
やっぱり面積を増やすなら翼端をイジルよりコードを数ミリでも伸ばしたほうが
特に、このくらいスパンがあれば翼面積は目に見えて増えます 
そういえば以前、松伏で「なんでいつもコード95ミリなの」と
聞かれたことがありました
アスペクト比、レイノルズ数、揚抗比、上昇抵抗、経済性、仕上がり重量等
総合的に判断して95にしたと答えればカッコイイんですけど
全然そんなことなく、ただのクセです、そうなんとなくの95です

数字は大変細かいですけどCADが律儀に出したものです
まあ、ザックリ仕上げまたは、ヤッツケ仕事の私にどれほどの
意味があるかは大いに疑問ですが

このほか型紙の書き出しも終わっているので
次の次といわず次くらいに・・・・


0 件のコメント:

コメントを投稿