2012年6月24日日曜日

ランチャーズ記録会

いよいよ今年の前半戦
最後の記録会
来月からは
グリーンパークで
7月はBサイズ

8月は恒例CHIBITA-GO大会です

吉見は毎年
この時期になると雑草が
腰から胸辺りに達する
所があったりして
回収は非常にというか
非情に困難を極め
半ば体力勝負の様相を

さて、例の段付き翼ですが
その効果が有りや無しや
結論から言って
プラシーボ程度か
ハッキリ言ってよくわかりません
サーマル好きな翼型では無いかも
成績は240台だったかと
最後のビックサーマルのお陰で
やっとMAX1個
来月用にもう一機作ってみます

とにかく今日はこればっか

慎重に 読んだつもりが 下降気流
20秒なら Bサイズでも

詠み人知らず


2 件のコメント:

  1. 昔、バスケルの室内機を飛ばしていた頃の経験ですが、
    段付き翼断面は、重心後ろ目一杯の失速一歩手前の
    セッティングで効いて来るみたいですので、
    前重心の翼端投げ機では難しいかもしれません。

    返信削除
  2. 有難うございます
    ヤッパリ、軽量化して滑空スピードを下げる必要がありそうですね
    ただ、ここが私にとってヒジョーに難しいところです
    バルサバギングちょっとだけ工法の欠点はバギングに
    タイトボンドを使っているせいか重量増が何とも悩ましい
    この辺を改善して次に生かしたいを思います

    返信削除