2012年8月11日土曜日

自作クールチューブ

先日の宮代杯

暑かったた~

件の公園SAL段付きヤメました
まるでエアブレーキをかけたような滑空に
可能性が無さそうなのでスッパリ諦めて
当日持ち込んだのは
コンサバ翼に変えた
公園SAL
成績は非情に安定したタイム且つ順位
相変わらず下降気流を外さないところは
我ながら感心します

話は変わって

過日、私のハンドランチの師匠に会いに
埼玉県下の練習場にお邪魔しました
その折頂いたのがこれ
デサマ付きCLG 


動作は水平ポップアップ式
やまめ工房さんのブログを参考にしたそうです


タイマーは自作クールチューブ
胴体に垂直にセットされています


アルミチューブに竹ひご差し込んで有ります
充填剤はお馴染み、はん美人
非常に軽量でCLGに最適もちろん大型機にも
且つ材料も
比較的手に入りやすいしリーズナブル
効きも季節調整は必要ですが
安定しているとのことでした
制作方法も丁寧に教えて頂いたので
私が覚えている限りで

一番の肝はアルミチューブの
内径に合うタップでネジを切る
この事が安定動作を生む
竹ひごはネジ込むのではなく
ある程度のクリアランスを取って差し込む
竹ひごは中間部に切掛けを付ける
充填剤は、はん美人
竹ひごを差し込む際は洗濯バサミで
竹ひごの頭とアルミチューブの底を挟んでおき
そのまま差し込こまれるのを待つ
無理やり差し込むとアルミチューブが変形する
なおアルミチューブの底は瞬間で塞ぐ

以上私の記憶している範囲でした




0 件のコメント:

コメントを投稿